チョコミン党

羽賀朱音さんにもっと人気が出ますように

【現場レポ】 モーニング娘。2018年春ツアー 5月5日札幌夜公演 感想

こんにちは。あげいも (@ageimo_san) です。

 

先日、5月5日に開催されたモーニング娘。春ツアー札幌夜公演に参戦してきましたので、簡単にレポしていこうと思います。

 

MCについては、他の方がツイッターなどで多く発信していますので、ここでは曲の感想を中心に書いていきます。

 

尚、羽賀さんロックオンスタイルでの観戦でしたので、ほぼ羽賀さんに関してのレポとなります。

.

 

 

セトリ

 

まずは5月5日夜公演のセトリを見てみましょう。

 

01.A gonna (新曲)
02.ロマンスに目覚める妄想女子の歌
03.Fantasyが始まる
04.青春Say A-HA
05.Password is 0
06.花が咲く 太陽浴びて
07.Help me!!(updated)
08.愛の軍団
09.モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)
10.ユニットメドレー
シャニムニ パラダイス/小田・羽賀・加賀・森戸
~ レモン色とミルクティ/譜久村・尾形・牧野・羽賀・加賀・横山
~ トキメクトキメケ/譜久村・生田・飯窪・石田
~ INDIGO BLUE LOVE/小田・野中・森戸
~ 坊や/譜久村・飯窪・佐藤・尾形・牧野
~ 大人になれば 大人になれる/生田・石田・佐藤・野中・横山
11.通学列車/生田・佐藤・野中・牧野・羽賀・加賀・横山
12.純LOVER/譜久村・飯窪・石田・小田・尾形・森戸
13.Hand made CITY
14.愛され過ぎることはないのよ
15.なんにも言わずにI LOVE YOU/生田・石田・小田・牧野・羽賀・加賀・森戸
16.メドレー
One・Two・Three(updated)
~ 泡沫サタデーナイト!
~ ダンスパフォーマンス
~ わがまま 気のまま 愛のジョーク
~ みかん
~ What is LOVE?
17.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
18.Ambitious!野心的でいいじゃん
19.ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。
20.ジェラシー ジェラシー
アンコール
21.Are you happy?(新曲)
22.青空がいつまでも続くような未来であれ!

 

 

このセトリ、序盤のエンジンのかかりは遅いですが、フィーチャーゾーンに入った所から一気に捲ってきます。

 

この日は、GW最後の体力を使い切ろうとするオタクたちの気力も相まって、ラストスパートの熱量は凄まじいものがありましたね。

 

12期の夜明けは確実に近づいている

 

 

羽賀さんの見せ場はフィーチャーゾーンとメドレーです。正直、そこまでは大した見せ場はありません。

 

羽賀さんの注目ポイントは、ユニットメドレー1曲目『シャニムニパラダイス』です


この『シャニムニパラダイス』が一番ソロパート多かったですね。少なくとも、自分が入った夜公演では音を外したりはしていませんでしたし、良く声も出ていたと思います。


何より、羽賀さん本人が自信を持ってパフォしているのが分かります。良い傾向です。

 

他には、通学列車でもなかなか美味しいパート貰っていました。バラードは今後の課題という意味で多めにパートを貰っているのかもしれません。


ちなみに、今年のBDイベで『もしも...』を歌いましたが、「自分にはまだこの曲は時期尚早」と言ってましたからね。今後の課題の1つとして挙げられるでしょう。

 

 

尚、シャニムニパラダイスでは、パフォ以外にも特筆すべき事項がありましたよ。

 

 

 意味はお分かりですね。これ以上の詳細はここでは言わないでおきましょう。

羽賀さんの姿に鈴木香音さんの幻影を見た

 

私事ですが、羽賀さんを推す前は鈴木香音さんを推していました。

 

ですが、約2年前に鈴木さんは卒業してしまったので、鈴木さんと入れ替わる形で羽賀さんを推すことになり、今に至ります。


なので、今も頭の片隅に鈴木香音さんの影がちらつくことが偶にあります。ですが、昨日を以て、その幻影がちらつく日々とは漸くおさらばです。

 

 

昨日の『泡沫』を観るまでは「鈴木香音さんの居ない泡沫なんて...」と正直思っていました。でも、昨日の『泡沫』で鈴木香音さんの幻影から卒業できました

 

羽賀さんを始めとしたメンバーの底抜けに明るいパフォがそうさせてくれたのです。もう感謝しかありませんね。

 

今から約2年前、ワンシックスの時代。娘。はパフォの精度、グループの雰囲気共に近年ではどん底だったと記憶しています。

 

パフォの中心だった鞘師さん不在の精神的ショックはオタにとってもメンバーにとってもダメージはあまりに大きかった。


そこに重なるように鈴木香音さんの卒業発表ですから、泣きっ面に蜂状態です。

 

はっきりと覚えているのは、尾形さんのBDイベで歌唱助っ人として香音さんが駆けつけたとき、感謝されるどころか、結構な数のオタクから完全なる除け者扱いをされました。


当時のグループを取り巻く雰囲気の悪さを象徴している出来事と言えるでしょう。その状態から、残ったメンバーたちの力が底上げされて今の状態まで来ました。

 

正直、2年前の時点では、今のパフォの精度、グループの雰囲気の良さは想像出来ませんでした。2年で良くここまで持ってきたなと思います。


本当の新時代の幕開けは12期がメイン歌唱を任されるようになったときです。然るべき時はそう遠くない未来にやって来るでしょう

 

だからこそ、尾形さんの卒業は勿体無いですねぇ。