チョコミン党

羽賀朱音さんにもっと人気が出ますように

【現場レポ】尾形春水トークイベント@札幌

こんにちは。握手会で尾形さんに「色白いですね」と言われた、あげいも (@ageimo_san) です。

 

今回は、6月10日に札幌で開催された尾形春水さんのトークイベに行ってきたので、その感想です。

 

 幸運なことに、今回はかなり良い位置で観覧できたので、尾形さんの一挙手一投足を拝むことが出来ました。

 

札幌の現場の特徴として、女性比率が高いことが挙げられますが、今回もその例には漏れず。全体の5 ~ 6割は女性だったと思います。

 

さて、いよいよ拍手に包まれて尾形さんが登壇。

 

北海道にはフィギュアスケートをやっていたときに合宿などで来たことがあり、セイコーマートにも行ったことがある、など軽く挨拶します。

 

そんな中、今回は新しい試みとしてメンバーと生電話をするとのこと。一気に会場が湧きます。

 ここ、普通に友達と話しているような距離の近さを感じましたね。これからも友達として仲良く関係を維持できるでしょう。

 

 小田さんに電話が替わったと分かると、会場から悲鳴にも似たような歓声が起きました。少し驚きましたよ。このオススメポイントはお馴染みですね。小田さんの一番の見せ場です。

 

 尾形さん、加賀さんに電話が替わった途端にテンション上がり過ぎです。ボソッと「好きよ」と言ったのを私は聞き逃しませんでした。

 

そして冷静に対処される野中さん、ドンマイ。

 

 それでも、振られたらちゃんと応える野中さん優しい。お土産もちゃんと買ってきてくれた様です。

 

 石田さんに「スネフェルどうだった?」と聞かれて、「スネフェル格好良かったですよ。かえでぃーも格好良かったけど」と返答する尾形さん。電話越しでも石田さんが苦笑いしているのが分かりました。

 

 飯窪さんに振られたカニといい、このはーちんらぶりんといい、まぁやり方が適当なこと。電話越しだからこそ為せる技でしょう。

 

 私が一番笑ったのはここですね。完全に声作ってましたから。出番を一番最後にして、台本を考えていたのでしょうね。

 

私は握手会で気の利いたことはあまり言えないタチで、いつもこんなことしか言えません。それでも、何か刺さる一言をくれるあたり、尾形さん流石です。

 

ちなみにですが、私は尾形さんに言ってもらえるほど色白ではありません。白か黒の二者択一だったら白って程度です。

 

それにしても、近くで観ていて感じましたが、尾形さんのルックスは一般人とは比になりませんね。あそこまで色白で肌が綺麗な人はそういないでしょう。

 

これがあと10日ほどで野生に放たれるのですから怖いものです。鈴木香音さんのようなローキック力を会得した方が良いのでは?