チョコミン党

羽賀朱音さんにもっと人気が出ますように

橋本桃呼 北川亮 研修活動終了のお知らせ 混迷を極める地方在住研修生の運用

さらば、蘭越町の星、北川亮さん。

 

こんにちは。あげいも (@ageimo_san) です。

 

4月23日に、5月6日開催『Hello! Project 研修生発表会2018 ~春の公開実力診断テスト~』の出演者が発表されました。

 

ここで誰もが気になったのは、研修生の橋本桃呼さんと研修生北海道の北川亮さんの研修活動の終了が同時に発表されたことです。

 

※ハロプロ研修生・橋本桃呼

ハロプロ研修生北海道・北川亮

は、研修活動を終了しましたので、本公演には出演致しません。

Hello! Project 研修生発表会2018 ~春の公開実力診断テスト~ より引用

 

 昨年のAbemaオーデを経て研修生入りした橋本桃呼さんは山口県出身、2016年7月に結成されたハロプロ研修生北海道のメンバーであった北川亮さんは北海道蘭越町の出身です。

 

それぞれ、最寄りのレッスン拠点は大阪、札幌です。2人ともレッスン拠点まで片道3時間以上を要する地方に住んでいるので、移動時間がネックになったことは否めないでしょう。

 

今回は、混迷を極める地方在住研修生の運用について纏めてみました。

.

 

地方在住の研修生をマネージメントする難しさ

 

わざわざ地方にレッスン拠点を置くのはなぜでしょう?

 

魅力溢れる人材を囲うため

 

これに尽きますね。だからこそ、東京と大阪、名古屋、札幌にレッスン拠点を置いています。

 

次なるレッスン拠点は福岡に置きたかったはずですが、昨年のAbemaオーデでは福岡にレッスン拠点を置くことなく、山口県の橋本桃呼さんと大分県の後藤咲香さん*1を研修生として採用します。

 

しかし、結果は皆さんご存知の通り、早々に研修活動終了。なぜ福岡に拠点を置かなかったのか?東名阪と札幌で十分だと考えていたのかもしれません。

 

あるいは、そもそもが大阪と札幌にレッスン拠点を置くことが出来たのは、UFG関西やUFA札幌という支社があったからこそなので、支社のない福岡にレッスン拠点を置くことは難しかったと見立てることも出来ます。

 

いずれにしても、橋本桃呼さんと後藤咲香さんが本当に優秀な人材ならば囲い込みするはずですが、オタク人気の割に事務所の評価は高くなかったのでしょうか。

 

橋本桃呼さんと後藤咲香さんに関しては、移動時間のネックがなければ続けてくれていた可能性も十分あるだけに勿体無いですね。

 

その点、北川さんに関しては諦めもつくでしょう。既に札幌に拠点を置いている訳ですから打つべき手は打ちました。北海道に拠点を置く以上、札幌圏外在住のリスクは避けられないでしょう。

 

蘭越町やその周辺の環境を鑑みると明らかなように、蘭越町にレッスン拠点を置くのはあまりに非現実的です。

 

他所で売れてしまったら...

 

北川亮さんの場合、笑顔を作るのが苦手だったりと、表舞台で活躍するには厳しい面もあったので、もう表舞台には戻ってこないでしょう。

 

一方、橋本桃呼さんは、特にハロプロのファンだった訳ではなく、あくまでも芸能人になりたくてオーデを受けました。今後、他所の事務所からデビューしてくる可能性は十分あります

 

もし、橋本桃呼さんが他所の事務所からデビューして、ハロメンより人気者になったとしても、かつての柏木由紀さんのときのようにハロプロが叩かれることはないでしょう。

 

詳しくは知りませんが、ハロプロとあちらの界隈との関係性は、当時とは全然違いますよね。

 

今回のような人材の取り逃がしが起きてしまったとき、よくこんな指摘がされます。

 

事務所がちゃんと囲っていなかったから他所で売れてしまっただろう

 

柏木さんがあちらで売れたとき、ハロプロは正にこの指摘を受けました。勘違いされやすいのですが、この場合、落とした側に見る目がなかった訳ではないですよ

 

組織ごとに欲しい人材ってのは微妙に違っていて、偶然その子は採用側の需要を満たしていなかっただけです。

 

「うちに来るより、他所に行った方が活躍の場がある」と判断された。

 

結果、落とされた子は他所で売れて、採用側はより相応しい他の人材を確保できたのだから、何も問題ありませんよね。

 

 

今回は以上です。Abemaオーデ組は人気2TOPが辞めて苦しくなってしまいましたね。やはり今まで通りオーデは秘密裏で行った方が良いのでしょうか?

 

その他、ハロメンの卒業については以下の記事でも触れています。

*1:橋本桃呼さんと同様、Abemaオーデを経て研修生入りするものの、2018年2月に研修活動を終了した